« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

上州牛のしゃぶしゃぶ

07112504今日の晩ごはんは、上州牛(交雑種・F1)のしゃぶしゃぶ。

07112501近所のスーパーで特売していたので買ってみました。「切り落とし」として売られていましたが、バラ肉だと思われます。しゃぶしゃぶにするんだったらロース肉の方が脂に甘みがあって美味しいんだろうと思いますが、和牛とホルスタインの交雑ですからバラ肉でも充分でしょ!

0711250207112503昆布だしの中に、白菜・春菊・京菜・ネギ・しいたけ・ニンジン・豆腐・マロニーを入れて煮立ってから、“しゃぶしゃぶ”しました。

本来、“しゃぶしゃぶ”は冬の食べ物というよりは、すき焼きの売れ行きが落ち込む夏のテコ入れメニューとして、スエヒロによって開発されたそうですが、冬の野菜をタップリと食べられるのですから、冬に美味しくいただくべきですね。

今日は、ポン酢とゴマダレを両方用意して食べました。こだわりとして、薬味に「つなば本舗 ゆずとんがらし」を使ってみました。ゆずの爽やかな香りとピリッとした唐辛子の辛味が味を引き締めて、上州牛の肉汁・野菜の旨味と合わさって滋味あふれる美味しさになりましたよ。

明日は、うどんを入れていただこうと思います。満腹です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

「鴨すき」で新発見

07112401_2 ジビエ(野禽類)の季節です。

でも、自分で鉄砲担いで山に入るようなことはないので、本物の野禽を手に入れるのは難しいです。

07112403_2今日は、合鴨(マグレカナール、バルバリー種)の胸肉を使っての「鴨すき」にしました。

マグレカナールといえば、フォワグラを採取した後の合鴨です。脂が乗っていて、肉の味が野趣あふれている力強い素材です。

07112402_2今日の「鴨すき」では、自宅の庭から長ネギを採って来て、糸こんにゃく、白菜、ニンジン、三つ葉、そして「おもち」です。

この「おもち」、掛川で生産されている「おはたきもち」(←今回購入したのとは異なる店のHPですが、ご参考まで)。

この「おはたきもち」を鴨すきに入れたところ、柔らかいのに煮崩れず出汁がうまく絡んで美味しく頂けました。しかも350g(5cm×20cmくらい)で98円でした。

地元静岡県で、こんな食材があるなんて知りませんでした。

多分、醤油で香ばしく焼いても美味しいと思います。明日、早速やってみます。得した気分で嬉しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホタテしんじょ」でお茶漬け風

0711110607111107二週間ほど前に久能の農園で頂いてきたヤマノイモ二種類。

摩り下ろしてホタテのすり身と合わせ、めんつゆで味付け。

0711240107112402香ばしく揚げたところで、ご飯に乗せて、京菜とシメジ・梅肉入りの出汁を掛けました。

07112403ホタテの旨みとイモのネットリ・ホッコリ感、揚げた表面の香ばしさが合わさってベリーグッドでした。少し小麦粉でも入れて硬くしても良かったかもしれませんが、テキトーな料理にしては上出来でした。

ヨカッタ ヨカッタ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

モロヘイヤの種

07112301_2プログレス農園でほったらかしにして伸び放題のモロヘイヤ

冬になって葉がなくなりましたが、しっかりと種ができました。

春になったら種播きしてみようと思います。

それにしてもひとつの中に沢山の種ができるモノですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

ホテルミラコスタ

07112101ディズニーシーに併設のホテルミラコスタへ。

07112102吹き抜けのロビーが素敵ですね。

07112103ホテルからもディズニーシーの風景を見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

「盲導犬の里 富士ハーネス」へ

静岡県立静岡盲学校のイベントで、「盲導犬の里 富士ハーネス」まで日帰りバス旅行してきました。

0711180107111802今日は天気もよくて風もなかったので、思ったよりも寒くありませんでした。

少し雪化粧を始めた富士山が間近に見えてとっても綺麗ですし、迫力もありますね。

07111803施設内では、係員の方の丁寧な説明と施設見学、そして昼食を取りました。

071118040711180507111806盲導犬がどのような一生を過ごすのか、ユーザー(視覚障害者)との関わり方、健常者が盲導犬とどのような接し方をすべきなのかレクチャーを受け、富士ハーネスの役割についても教わりました。

  1. 現在、候補となる犬のなかから実際に盲導犬として働くことになるのが3~4わりであること。
  2. ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーの交雑種(F1)を生ませることによって、盲導犬に向いている固体を発生させるように工夫しているということ。
  3. 現在、日本中で900頭しか盲導犬がいなく、7800名程の視覚障害者が盲導犬を待っているということ。
  4. 盲導犬が実際にユーザーと生活を共にできるのは、たったの8年間しかないということ。
  5. ユーザーと盲導犬がお見合いをしてから約4週間(初心者は初心者)、泊り込みで訓練をするための宿泊施設まで設けていること。

などなど。知らないことばかりでした。

「富士ハーネス」には、さまざまな施設があって一般の方たちも見学することができます。特に、盲導犬の最後をみとるための「経過観察室」は、なんとなく「ホスピス」を髣髴とさせる雰囲気で寂しくなっちゃいます。

0711180707111808午後は、「富士ハーネス」から歩いても行けるような至近距離にある「富士ミルクランド」へ。

071118090711181007111811生クリームからバターを作る体験コーナーで、実際にバターを作ってみました。余計なものが一切入らない無塩バターは、生クリームの風味がするスッキリとした後味。バターくささが全然しないんですね。クラッカーにナッペして食べましたがクドくなくて美味しく頂けました。素の生クリームの乳脂肪分が高いともう少しコクが出てくるんでしょうか?なかなか面白いですね。機会があったら幾つか乳脂肪分の異なる生クリームで実験をしてみたいと思います。

今日は、一日、皆と楽しく勉強しながら小旅行できました。また、みんなで行こうネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月16日 (金)

SOHO@shizuokaで自己啓発

久しぶりに、SOHO@shizuokaのブレイクスルーセミナーに参加しました。

「キャリアマネジメント」と「“職業人”としての心構え」という演題で、縄文アソシエイツ㈱の古田社長が講演されました。

様々な企業のトップと接し、人材育成やクライアント企業にあった人材を発掘している古田社長の講演を聴講することで、物事に対する見方や考え方を少しでも吸収できたらと思い楽しみにしていました。

講演内容は、解りやすく楽しく聴けるよう配慮してくださっていたので、90分間がとても短く感じられました。そして、なによりも古田社長の“熱い生き方”と“いつも精一杯やる”といったことに感銘を受けました。

「凄いなあ」と思いつつ、自分も自分なりの立場で頑張ろうと元気を貰って来ました。

とっても勇気付けられました。良かったです。

【古田社長が薦める本の紹介】

07111601代表的日本人

 内村鑑三(著)

 岩波書店(発行)

 630円(税込)

講演終了後、即、近くの書店で買い求めました。熟読してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月14日 (水)

行ってきました!「秋の地酒まつり2007」

07111401毎回楽しみにしている「秋の地酒まつり」。(焼津地酒倶楽部が主催し、焼津文化センターで開催。)何が何でも参加しようとスケジュール調整し、今回も参加させてもらいました。

今回も、磯自慢・初亀・喜久醉・杉錦・志太泉・若竹の六つの蔵元が、大吟醸・吟醸・本醸造・醸造・季節限定品などを大盤振る舞い。

お猪口片手に、好きな蔵元のブースに行ってはお酌してもらい利き酒です。

07111402おつまみも、テーブルにふんだんに用意されているし、焼津おでんや、マグロのお刺身、農業青年(?)小畑さんちの赤米・黒米のおむすびも無料で振舞われて、相変わらず大盛況でした。参加者の皆さんも、美味しいお酒に美味しいおつまみを気兼ねなく楽しめて、本当に幸せそうな良い雰囲気でした。(テーブルに置かれている水が、喜久酔の仕込み水ってところがニクイですねえ。)

07111403 そして、会場での大抽選会!!

昨年の秋に続き、今回も、地酒が当たっちゃいました!!なんとラッキーなことでしょう!ありがとうございます。

07111404今回頂いたのは、磯自慢酒造吟醸。貴重品です。

大切に飲ませていただきます!!

07111405 会場の外では、静岡マガジン社発行の機関紙[しぞーか]が売っていました。今回の特集は、「ゆったり のんびり 静岡地酒・酒蔵案内」ということで、今日の地酒祭りにぴったりの内容です。当然、買ってきました。

主催者の皆さんは、大変だと思います。でも、毎回、楽しみにしているので、これからも続けてくださいね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

久能農園の野菜をつかって

07111105今朝、久能のプロファーマーから貰ってきた菊芋

火を通すと甘味がでて美味しいんですよね。調べてみたら「イヌリン」が含まれている糖尿病にも良いとされている芋なんだとか。「イヌリン」といえば、ダイエットにも良いとされる甘味料として注目されている炭水化物の一種で、「天然のインシュリン」とも呼ばれているようです。冷凍のホイップを作ったり、ケーキの生地を作ったりするときに混ぜるとシットリ感が残るという評判を聞いたことがあります。(まさにグルメでダイエットな素材?)

0711110907111111今日は、菊芋をキンピラ風にしたり、ジャーマンポテト風にしたりして食べました。ジャーマンポテト風は思っていたよりも美味しくてびっくりでした。

07111110そのほか、今日貰ってきたピーマンやナスを使っての肉味噌炒めも、ピーマンの味や食感がしっかり存在感を出していて美味しかったです。

07111112葉しょうがも甘酢漬けにしたらシャキシャキして良い感じ。

明日は、京菜や春菊を使って「豆乳なべ」にしようかと思っています。美味しいものがありすぎて嬉しい悲鳴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の収穫 by久能農園

07111101久能のプロファーマーのところに遊びに行ってきました。農園では焼き芋を作って待っていてくれました。(折角でしたが、家に帰ってから美味しく頂きました。

07111100サツマイモを掘ったり、落花生を掘り出したり、ピーマンやナスを採ったりと手塩に掛けて育てられた野菜たちを存分に収穫させてもらい、しかも、毎度のことながら食べきれないほどの野菜を頂いてきました。

07111102_207111103_407111104_2 とりあえず、昼ごはんはルッコラを沢山入れたサラダを頂きました。ゴマのような香りと少し苦味のある辛みが美味しいですねえ。採れたての野菜を食べていると、素材の味や香りが力強く、あまり調味料も必要としないんですよね。

今日のサラダも、アンデスの岩塩をパラパラとまぶしただけで充分美味しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

服部栄養専門学校の学園祭

0711100107111002 服部栄養専門学校から学園祭の招待状が来たので行ってきました。(サッチーも来てました。)11月10~11日の二日間開催です。

生徒達の食育に関する勉強や農業体験、自分達で育てた野菜を使っての模擬店など、頑張っている姿が可愛らしかったです。

071110030711100407111005071110060711100707111008専門料理のプレゼンテーションもナカナカ良い出来栄えでした。(先生方も大変ですね。)

食育基本法をつくり、今でも啓蒙活動に尽力している服部先生には頭が下がります。外国の要人からは「ミスターSHOKUIKU」と呼ばれているそうです。

自分自身も含め、身の回りの人たちに食に対する興味や、自給率などに関する危機感を持ってもらえるよう、何かできないかなあと考えています。

お勉強的なことではなく、「楽しみながら学べる」というのが理想なんですけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

ビジネスセミナー

07110701外食中食厨房設備フェア2007にて。

07110702「食フォーラム2007 ビジネスセミナー」で講師をしてきました。(写真は6日に行われた村田先生の試食実演です)

真空包装機やコンベクションオーブン、ブラストチラーなどの電化厨房機器を活用して新調理システムを経営効率アップにつなげようという趣旨です。

07110703071107040711070507110706071107070711070807110709071107100711071107110712当日、他の先生方がコンベクションを駆使して作り上げた料理の数々です。講演の後、試食しましたが、それぞれ調理技法の特徴が良く出ていて美味しかったです。

聴講者は老人福祉施設の厨房関係者が多かったようです。(高齢者にも食べやすいような)柔らかくて美味しくて見栄えの良い、栄養満点の料理を高齢者に提供するためにも新しい技術やシステムを積極的に取り入れてもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

大阪の夜景

07110601 ホテル大阪ベイタワーに宿泊しました。

36階の部屋から見える夜景です。

綺麗ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外食中食厨房設備フェアへ

明日から大阪で「外食中食厨房設備フェア2007」が開催されます。

自分もセミナーの講師として参加することになりました。

内容が充実するよう準備したので、聴講者の方たちの感想が楽しみです。

限られた時間内に手際よく進めないとネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 4日 (日)

「世界お茶まつり」で食茶体験

07110401 「世界お茶まつり」最終日。

天気が良かったので近所に車を止めさせてもらい、散歩しながら行ってきました。

会場には沢山の人が来ていましたが、以外に落ち着いた雰囲気でした。これも「お茶」の効果なんでしょうか?

0711040207110403会場(O-CHAタイムトンネル)では、1200年前 唐代のお茶「餅茶」を試飲させてもらいました。軽い塩味のする烏龍茶といった感じでした。薄い色のわりに苦味が出ているのは、一旦葉を挽く工程があるから?初めて飲む「餅茶」、面白かったです。07110404_2中国から日本に渡ってきたお茶文化が日本で独自の発展を遂げてきた軌跡を見ることができ、勉強になりました。

07110405O-CHAタイムトンネルの後、3階に降りてきて「静岡熟成茶研究会」のお茶を試飲させてもらいましたが、深い香りと旨み甘みが混在して上質な玉露の香りを濃くしたような感じでした。低温に保持されたお茶蔵で熟成保存するのだそうです。濃い目の味・香りなのに後に残らないのが良い感じでした。(さすが、6g×10袋=3,000円だけのことはありました。)

0711040607110407“自分流”世界大茶会では、静岡ミャンマー研究会がミャンマー風お茶の葉サラダ「ラペッ」の試食を出していました。先ほどのO-CHAタイムトンネルにも展示紹介されていたものだったので迷わず申し込み。実食してみました。

0711040907110408“発酵したお茶の葉”ということですが、微かな発酵香がするだけで臭くはありません。塩味が効いていてソフトな食感、お茶の渋みが感じられないので「お茶」と言われなければわからないと思います。予めオイルが絡めてあったのでトマトやキャベツと合わせるとアッサリとして良く合い、ピーナッツやゴマの香ばしさが美味しさを引き立てていました。

P1010227P1010228一緒に提供されていた「ラペッイェ」(お茶)は、東南アジア系のお茶だなあという感じでした。日本の緑茶と種類が同じそうですが、緑茶のような採取直後に蒸して発酵を止める不発酵茶とは全然異なる味になっていました。

最後に世界緑茶コンテストの受賞品を見学しました。100種類以上の緑茶のサンプルをみましたが、茶葉の形も様々で面白かったです。身近なところだと、金賞を受賞した緑茶は針ほどの細さに綺麗に揉まれていて“美”を感じました。銀賞と比較したら差が歴然です。銀賞を受賞したものだって、それだけ見たら「高そう~」って思うような出来なんですけど、それだけ世界一は凄いって言うことですね。

お茶だけで、これだけのイベントが開催されるなんて、やっぱり日本人にとってお茶は欠かせないものなんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

「小川港さば祭り」でマンボウ

楽しみにしていた「小川港(こがわこう)さば祭り」です。

07110301これは何??

展示されていたマンボウを解体した後、貰ってきました。(可哀想にズタズタに切り刻まれたマンボウです。)07110302_20711030307110304   

分厚い皮の内側にあるキレイな白身です。3%の食塩水で洗ってから、手で裂きました。シコシコとした弾力のある食感で貝みたい。特別な味や風味があるものではなかったです。醤油・酒・砂糖・味醂で煮付けたら弾力が残って結構美味しかったです。軟骨(?)も火を入れるとゼラチン状にトロッとして面白い仕上がりになりました。

0711030507110306そのほか、会場にはエイやサメなんかも展示されていて子供達が興味深そうに触っていました。

ところで本題の「小川港(こがわこう)さば祭り」。

071103070711030807110309昨年よりも人が多く、11時頃には1万人に無料配布した鯖の試食も終わってしまったそうです。

0711031007110311自分達は、折角なので「〆鯖」と「鯖の麹漬け」を買ってきました。

明日食べてみます。期待が膨らみますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »