« 秋の香り金木犀 | トップページ | 家康の食卓 »

2007年10月 7日 (日)

漢方と薬草の会

20071007012007100702静岡県立大学の公開講座、「漢方と薬草の会」。

㈱ツムラの協賛で開催されました。

西洋医学と漢方の融合について講義がありました。

西洋医学はレディメイド、東洋医学はオーダーメイドと対比されることが多いのですが、漢方に根付く、マンツーマンの自然治癒力アップを目指した治療とマニュアル化された西洋医学は今後、立場が逆転するような気がします。

予防医学も含めた漢方を重視して、より健康的な生活を送るためにも自分に合った食生活をを送るべきだし、もしも病気に掛かったとしても自分の体力や症状にあわせ自然治癒力を引き出すのが自分自身に優しい生活を送ることになるのだと思います。

これで手に負えないような手術は、西洋医学の技術(テクニック)に手助けしてもらうというのが良いのではないでしょうか?

200710070320071007042007100705200710070620071007072007100708静岡県立大学の薬草園は、数百種類の薬草が植わっていました。一般の見学もいつでも受け付けてくれるようです。

これからチョクチョク覗いてみたいと思います。

|

« 秋の香り金木犀 | トップページ | 家康の食卓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133093/16690865

この記事へのトラックバック一覧です: 漢方と薬草の会:

« 秋の香り金木犀 | トップページ | 家康の食卓 »