« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月21日 (日)

「市場まつり」でお得な気分

07102101_207102102_2静岡市中央卸売市場で開催された「市場まつり」。

07102103魚売り場(水産棟)も青果売り場(青果棟)も大賑わいでした。

0710210407102105特に魚の模擬せり、やさい・くだもの模擬せりは、人だかりができて盛り上がっていましたよ。

07102106自分は、セリには参加しませんでしたが、青果売り場(青果棟)の中で販売していた地場産品コーナーでコマを、魚売り場でイナダやサザエ、生食用のカキ、用宗のタタミイワシなどを買ってきました。

0710210707102108_2ということで、今日の晩御飯は、イナダの刺身です。店の方が最後のサービスということで二尾=300円と格安にしてくれました。サザエも10個で500円です。

イナダは鮮度抜群、身がしまっていて美味しかったです。一日では食べきれないので明日は塩焼きにしようと思います。

我ながらイベント好きだなあと思いますが、こういうお得な気分で美味しい食材を手に入れられると思うと止められませんね。

来週(11月3日)は、小川港さば祭り(焼津市)です。楽しみだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

家康の食卓

07101401大御所スタイルフェスタ最終日。

07101402鷹をモチーフにした切絵行灯が綺麗でした。(家康といえば「一富士 二鷹 三なすび」ですね。) 

07101403_207101404 家康公が秀吉を招いた際に出されたといわれる饗応膳を見てきました。

日本の歴史を変えた二人が食べた食事です。感慨深いですね。

以前、薬膳の勉強会で最勝院(東京 芝公園)に行ったとき、徳川家が実際に使用した漆器を見せてもらいましたが、太閤 秀吉に提供したときは徳川家の家紋が付いた器を使用したのでしょうか?それとも、秀吉に気を遣って家紋の付いていない器を使用したのでしょうか?

駆け引きが得意だったといわれる家康がどのような対応をしたのか、調べてみたいと思いました。

0710140507101406071014070710140807101409071014100710141107101412071014130710141407101415071014160710141707101418071014190710142007101421

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

漢方と薬草の会

20071007012007100702静岡県立大学の公開講座、「漢方と薬草の会」。

㈱ツムラの協賛で開催されました。

西洋医学と漢方の融合について講義がありました。

西洋医学はレディメイド、東洋医学はオーダーメイドと対比されることが多いのですが、漢方に根付く、マンツーマンの自然治癒力アップを目指した治療とマニュアル化された西洋医学は今後、立場が逆転するような気がします。

予防医学も含めた漢方を重視して、より健康的な生活を送るためにも自分に合った食生活をを送るべきだし、もしも病気に掛かったとしても自分の体力や症状にあわせ自然治癒力を引き出すのが自分自身に優しい生活を送ることになるのだと思います。

これで手に負えないような手術は、西洋医学の技術(テクニック)に手助けしてもらうというのが良いのではないでしょうか?

200710070320071007042007100705200710070620071007072007100708静岡県立大学の薬草園は、数百種類の薬草が植わっていました。一般の見学もいつでも受け付けてくれるようです。

これからチョクチョク覗いてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の香り金木犀

20071006012007100602秋を感じる香り。

キンモクセイ

静岡は、他の都市よりも少し早めに花が咲くようです。

毎年の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

今日から大御所スタイルフェスタ

2007100501今日(10/5)~14日(日)まで、大御所スタイルフェスタ開催です。

色々なイベントが予定されている中でも、「家康の食卓」を見学し、「大御所プレート」を食べたりしてみたいと思います。

20071005022007100503_2焼津からは八丁櫓が来ました。

徳川家康が大御所として駿府城に入城してから400年。

静岡に根ざした土着民として、先祖が関わった(?)家康の足跡を知る機会でもあります。とっても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »