« ドフィノア風 ポテトクリーム煮のグラタン | トップページ | ヒラオカ農園のブラックベリー&ブルーベリー »

2007年6月10日 (日)

サバのすき焼き「タキタキ」

07061001和歌山県の郷土料理だそうです。「タキタキ」とは、(野菜との)炊き合わせが語源なんだとか。

脂の乗ったサバのほうが美味しそうですが、由比のサバを買ったので作ってみました。

すき焼き風の甘めなタレがサバの旨みと調和して、表面を香ばしく焼いたサバの皮面や身と良く合います。美味しい食べ方新発見です。

  1. 新鮮なサバを三枚におろしてから中骨を取り除き、適当な大きさに切り分ける。
  2. 油をしいた鍋でサバを香ばしく焼いたら、酒(今日は先に焼酎を入れてから日本酒を入れてみました)を入れ、醤油、砂糖で味付けする。
  3. 白菜や葱を入れて一緒に煮込む。

簡単に出来る料理ですけど、青魚の臭みが良い具合に抑えられ、栄養たっぷりなサバの旨みを味わうことができる逸品です。

|

« ドフィノア風 ポテトクリーム煮のグラタン | トップページ | ヒラオカ農園のブラックベリー&ブルーベリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133093/15382888

この記事へのトラックバック一覧です: サバのすき焼き「タキタキ」:

« ドフィノア風 ポテトクリーム煮のグラタン | トップページ | ヒラオカ農園のブラックベリー&ブルーベリー »