« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月27日 (日)

暑い日に本物の烏龍茶を

先々週、港区広尾にオープンした烏龍茶専門店「清品茶房 茶通」に遊びに行ってきました。

P1010104_2丁度、凍頂烏龍茶(産地:台湾南投縣鹿谷小半天)という、最高級の春茶が入荷したてということだったので、分けていただきました。

この烏龍茶、ほのかに薫る花のようなフレーバーと清涼感が上品な逸品です。一煎目は、軽く柔らかな甘みが美味しく、二煎目になると心地よい渋みが後味をサッパリとさせてくれます。

P1010107_3P1010103_4このお茶は、入れる前はこんな感じで丸めてありますが、お湯で戻すと、このように双葉に広がります。これが最高級の本物の証なんだそうで、同じ台湾産でもここまで拘っているものは少ないんだそうです。

今日もとても暑い一日でしたが、この凍頂烏龍茶を頂いた後はとってもすっきりしました。

他にもまだまだ色々な種類がありますが、是非、試してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「プログレス農園」でズッキーニ収穫

07052704ようやく畑らしくなってきつつある「プログレス農園」。

といっても未だ半分の面積しか管理することが出来ていません。

石が多いところなので、根菜類(特に人参とか大根)は根が割れてしまう可能性が高く、畑の一部分を掘り起こした上で、篩いを使って漉している最中です。(写真の左側の穴がそれです。)

070527010705270207052703今朝は、自宅で種から育ててた枝豆とトウモロコシの苗がボチボチ植え替え時になってきたので、今朝、移植しました。人参とオクラ(第二弾)は、まだ小さいので来週あたりにしようと思っています。

今のところ、20種類の野菜の苗を植えてあります。070527bb_1

07052705_107052706_107052707_107052708070527090705271007052711070527120705271307052714070527150705271607052717070527180705271907052720

【プログレス農園の野菜たち】

  1. ズッキーニ
  2. キュウリ(二種類:四葉ともう一種類)
  3. ミニトマト(アイコ)
  4. ミニトマト(イエロー)
  5. 中玉トマト
  6. ナス(二種類:長ナスと普通の種類)
  7. 水菜
  8. トウモロコシ
  9. 枝豆
  10. トウモロコシ
  11. ほおづき(オレンジチェリー)
  12. ほおづき(イエローチェリー)
  13. モロヘイヤ
  14. シシトウ
  15. ピーマン
  16. つるなしインゲン
  17. ブロッコリー
  18. サトイモ
  19. オクラ(写真撮り忘れ)
  20. ニガウリ(写真撮り忘れ)

070527abプロファーマーにアドバイス頂いた、ズッキーニは、肥料と水をたっぷりとやったので、急に大きく成長し、初収穫です。(っていうか、でかくなりすぎちゃいました。あまりに大きくしすぎてしまったことが後の収穫に影響が出なければよいのですが・・・。)

花ズッキーニのグラタンなんかが出来ればよいのですが、今のところ数が少なすぎるので、ズッキーニのグリルかなんかで食べようと思います。

次に収穫できるのは、トマトですね。ナスも少しずつ花がつき始めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

紅ほっぺのカキ氷と羅漢果のカキ氷

今日は、真夏のような暑さだったので、今年になって初のカキ氷を作りました。

0752604この前、久能で頂いてきた「紅ほっぺ」を使ったイチゴシロップの出番です。

カキ氷のシロップとして使うと、甘味と酸味が薄まり、さっぱりとした感じなので大人向けですね。子供用には、練乳を加えると甘みとミルクの風味が加わるのと、イチゴのフレッシュ感が強調されて美味しいです。

0752605それから、今日は「羅漢果シロップ」を掛けたカキ氷も作ってみました。厚生労働省許可の特定用途食品(糖尿病や肥満症などのカロリー摂取制限を必要とする方に適しているという内容です)として販売されているものですが、「砂糖と同じ甘さでカロリーゼロ」なんだそうです。

羅漢果は、中国で古来から甘味料として使用されている瓜科の植物で、丸い果実には砂糖の約300倍ともいわれる甘みがあります。日本では顆粒状のものが商品化されていますね。甘みのほかに、香ばしさと軽い苦味があり後味を引かないさっぱりした感じですが、人によって好き嫌いがあるかもしれません。

薬膳では次のような分析をします。

  1. 食味・食性  甘辛/涼
  2. 帰経  脾・肺・大腸
  3. 主要効能 潤肺鎮咳、潤腸通便、清熱明目、健胃整腸
  4. その他

自分としては、砂糖で作ったアメよりも風味があって後味がベトつかないので好きですね。

思いがけず、カキ氷に好みの味を追加できた、今日のおやつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司の三笑さん、今月末までです

静岡市葵区泉町にある、「寿司の三笑」さん。

07526010752602今月末をもって閉店なんだそうです。

後継者がいないんだとか・・・。

ということで、今日は家族みんなでランチを食べに行きました。

昔から通っていた方たちが、閉店を惜しんで沢山来店して大忙しのようです。

ところで・・・。

昔は市場なんかもあり、いろいろな店が軒を連ねていた泉町商店街は、区画整理や世代交代などで、お店の数が減ってしまっています。

消費者の買い物の仕方そのものが変化していますものね。

でも、昔からの商店街が機能を失っていくのは寂しいですし、町に暮らす人々の交わりが少なくなってしまうことが防犯上の機能低下に繋がってしまっているのも事実だと思います。

今のスーパーとは違い、お店と近所に住むお客一人一人とのコミュニケーションがあって・・・。自分の力ではどうにもならないけど、昔の市場なんかが復活できるようなことがあったら良いんだけどと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

今の時期のカキは、鍋物に

07052001三重県鳥羽市浦村町といえば、カキの産地として有名ですが、こちらの「モトカキ」さんから大量のカキを頂きました。大半は知り合いに配りましたが、自分で食べるための素材も沢山残っています。

10月~3月が生カキとしての販売、4月~6月は加熱用カキとして販売されているんだそうです。7月になると、産卵の時期になるんだそうです。

0752002「今の時期のカキは、鍋物にすると美味しい」というアドバイスだったので、早速試してみることにしました。といっても「土手鍋」ではなく「韓国風キムチ鍋」です。

カツオと昆布の出汁に、白菜キムチや豚肉、人参・しいたけ・長ネギ・春菊・豆腐、酒・味噌・醤油を入れて土鍋でグツグツと煮込んだら、キムチの辛味が滋味あふれる深い味わいになりました。

0752003カキは、グリコーゲンや各種アミノ酸、タウリン、ロイシン、アルギニン、コハク酸、ビタミンA/E/D/E/B群、脂肪、銅、亜鉛、マンガン、カルシウム、酸化鉄、マグネシウムなど栄養の宝庫ですし、ガン細胞を抑制する作用もあるんだそうです。

夏になると岩牡蠣が美味しくなりますが、夏を迎える前にこういう鍋料理を食べ、体の中から暖めながら滋養強壮するというのも良いのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

今日は鯛づくしで

P1010100_5今日は、鯛を無駄なく頂くことをテーマに夕食を作りました。

【今晩の夕食】

  1. 鯛茶漬け
  2. P1010111鯛のお茶漬けは、ゴマ・醤油・みりんで漬けた鯛の身を番茶でいただきました。

 2.鯛の中華風カルパッチョ

P1010102_2P1010108_2鯛の中華風カルパッチョは、ごま油と塩で味をしてから、野菜と揚げ春巻き・ドレッシングにあわせました。

 3.鯛のアラ煮付け

P1010114_1鯛のアラは、煮付けに。中華風に揚げてから餡かけ風に使用かと思いましたが、アク取りをしてからゴボウと一緒に簡単な煮付けにしました。

鯛の皮煎餅は、クシュクシュに縮んでしまい上手くできませんでした。

でも、これだけ無駄なく素材を捨てずに調理すれば、まあまあ良いかななんて自己満足です。「あまり凝ったことは出来ないけれど、ボチボチ腕を上げていけば良いかな」なんて考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

紅ほっぺのマドレーヌ

07051801久能のイチゴ「紅ほっぺ」で作ったジャムを使ってのマドレーヌ。

焼いてもイチゴのフレッシュ感が残ってなかなか美味しいです。

デザインも、なんとなくハート形が可愛らしい感じです。

焼きムラは、ご愛嬌ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月17日 (木)

ナチュラルチャイニーズレストラン エッセンス

070517310705173207051733ナチュラルチャイニーズレストラン エッセンス。

表参道と青山の間、avexビルの横にオープンしたばかりのお店です。

ここでは、全日本薬膳食医情報協会でお世話になっている、薮崎調理長が腕を振るっています。

070517340705173507051736070517370705173807051739 お邪魔する機会をつくることがなかったのですが、今日の夕食をこちらで頂くことにしました。

「天人合一」という中国料理の根本を大切にした調理を心がけておられるそうです。

自然と人は一体であり、自然に実るものを食べれば本来の健康を保つことができるという意味なのだそうです。

薮崎調理長の優しさが詰まった料理は、堅苦しくなく、温かみと常に前むきな工夫を感じるものですね。短時間で、大急ぎの夕食でしたが楽しませて頂きましたヨ(^^♪

特に「ハタの煮込み」は、ハタの弾力のある食感と旨みが葱と良く合いますね。相当サービスしていただいたようで、これだけ食べて(三人でお任せだったのですが)13,000円位でした。

突然、押しかけたのにも関わらず、気持ちよく対応してくださってありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬膳・薬茶アドバイザーがいる烏龍茶専門店

0705172007051721烏龍茶専門店 「清品茶房 茶通」。

全日本薬膳食医情報協会の総会が終了してから、会員の皆さんと行ってみました。

ここには、薬膳・薬茶アドバイザーの田島さんがいるからです。

広尾商店街に2月にオープンした烏龍茶の専門店ですが、相当こだわってます!!

0705172207051723しかも、こだわりのお茶を色々と試飲させてくださいます。色んなウンチクを聞きながら、飲み比べてみると、香りや味・効能の違いが良くわかって楽しいですね。

要望があれば、出張講演もしてくださるそうです。

そのうち静岡にも招聘して、「中国茶のお茶会」でもしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

薬膳と精進料理

NPO法人 全日本薬膳食医情報協会の定例総会にて。

07051701今年は、港区芝公園にある最勝院という徳川家に由来する由緒あるお寺で行われました。

檀家さんのないお寺で、ビルになっているちょっと変わったお寺さんです。

070517020705171207051703そこで、ご住職の講話と、精進料理をいただきました。

浄土宗の最勝院のこと、禅宗との違いなど、いろいろと勉強になることがありました。

鎌倉の建長寺と実は、歴史的につながりがあったのだということなんかは、かなり運命的な出会いを感じました。

仏教は、インドで生まれ、中国→朝鮮半島を経て日本に伝わっているため、形式は変化しているものの、根っこにあるものは変わらないものだと思います。

07051704_107051705070517060705170707051708070517090705171007051711ちなみに。永平寺に代表される典座教訓(てんぞきょうくん)は、道元が中国に渡ったときに中国の老僧だった典座に説かれた内容が元になっている、食べ物や人のために無駄のない調理をすることの大切さを修行の一部にするといった内容なのだそうです。

僧侶は、一日のうち朝食・昼食しか食事は摂らず、夕食にあたるものは薬石(空腹を凌ぐために、温めた石を抱えていたともいわれる)と言い、薬という考え方があるのだそうです。

精進料理は、素材を無駄なく頂くことで、生き物(植物)の全てを頂くことで生命をわけていただくという考えです。

薬膳も、食べ物が本来持つ力を上手に引き出して、美味しく体に取り入れてることで、より、健康に留意した生活を送ることができるようにするというものですね。

今回の精進料理を頂いてみての感想。

普段の食生活では、どうしても動物性の旨み成分を沢山摂取しているため、椎茸や昆布などだけで出汁をとる精進料理の味付けは、毎日では辛くなってしまうような気がしました。たまに頂く分には良いのですけど。

ちなみに、お客様向けの精進料理と、仏門に入った方達が日常的に食べるものは全く異なるんだそうです。お客様向けの精進料理は、塩味・甘味・辛味・酸味などがはっきりとしたものが多いんだそうです。今日の料理で、濃い味だと言われてしまうと、普段の自分達の食事は何なんだろうと考えてしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

紅ほっぺジャムでロールケーキ

土曜日にたっぷり頂いてきた、久能の「紅ほっぺ」。

07051402早速、イチゴジャムとイチゴシロップを作りましたが、今日は、この自家製「紅ほっぺジャム」を使ってロールケーキをつくりました。

時間がなかったので、共立ての生地を立てて、200℃のオーブンで焼き、甘さ控えめに生クリームを立てて、中心に「紅ほっぺジャム」を入れて巻くという簡単なものです。

紅ほっぺの酸味が、ふんわり香ばしく甘い生地と柔らかなクリームとマッチしてとっても美味しかったです。(自我自賛です。)

あえて裏巻きにすることで、食べた瞬間、焦げた生地の香ばしさを出してみました。これはこれで、良いインパクトになったと思います。

こういう、高カロリーな食べ物ってどうして美味しいんでしょう??癖になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

「用宗港まつり」はお得がいっぱい

07051300_2毎年楽しみにしている「用宗港まつり」

昨年は、生きの良い黒鯛をゲットして、良い思いをさせてもらいましたので期待していきましたが、期待どおり、今年も楽しくお得な気分になれました。

07051302_307051303_1生シラスは、朝、水揚げされたばかりの鮮度抜群な奴で、500円。冷凍物とは全然違います。ほのかな磯の香りと甘みとこってりとした旨み、そしてモチモチ・ツルツルした最高の味わいです。静岡でしか味わえない美味しさですね。お昼に生姜醤油でいただきました。

07051301それと、鯵の子供?2パックで500円です。フライパンで素焼きして食べると濃厚な味わいで、良いおつまみになりそう。(ちなみに、お昼ご飯の吸い物は、昨日、久能の農園で頂いたニラと卵のお吸い物でした。)

07051306_30705130707051308アサリは、コップ(生ビールなんかを入れるプラスチックのもの)に大盛り一杯で500円。砂出しもしてくれてあったので、夕飯のおかずに酒蒸しとアサリのお味噌汁に。

07051300_1用宗港のセリ場での恒例イベント、「地場魚の競り市」では、真鯛三尾、ホウボウ一尾、鯵一尾を全部で

なんと500円でゲット!!

(生きている奴を網ですくったものを、一般のお客が大声で希望金額を言って、競り落とします。高値をつけた人が落とすというよりも、元気な声が出ている人が競り落とせるという感じです。子供も大人も大盛り上がりです。)

なんか申し訳ないようなお得感です。(昨年は、黒鯛を2匹で1,000円で競り落としました。)

真鯛の大きめな二尾は、〆て血抜きをしてから冷蔵庫にいれておきました。明日か明後日、旨みがでてから食べるつもりです。

07051309今日のお刺身は、小さめの真鯛、ホウボウ、鯵です。真鯛は、湯引きしてから軽く酢に漬けてから食べました。ホウボウを刺身で食べるのは初めてでしたが、モチモチ・シコシコ、噛むと旨みが広がって、美味しいです。普通の刺身の切り方と薄切りどちらが美味しいか試してみましたが、自分の好みとしては普通の切り方の方が良いみたいです。

07051310ホウボウは、顔がでかいのと、大名おろしにしたために、中骨の周りに肉が残りましたから、煮付けにしてみました。ホウボウの身がこんなに美味しいなんて知りませんでした。

お得な買い物をして、存分に楽しんで、良かったです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

「紅ほっぺ」のイチゴジャムとイチゴシロップ

0705120607051202久しぶりに、久能のプロファーマーのところに遊びに行ってきました。

天気もよく、目の前に海が見える広大な農園は爽やかな風がとっても気持ち良く眺めも最高です。

0705120007051201 今日は、イチゴの収穫をさせていただきました。イチゴ狩りのシーズンが終わったあとのハウスで、残ったイチゴが採り放題。残ったイチゴといっても、充分売り物にできるような、大きくてジューシーな甘酸っぱい「完熟 紅ほっぺ」です。

07051203イチゴパックが4個入る箱に目いっぱい採らせてもらいました。当然、採りながらつまみ食いも存分にさせていただきました。

家に帰ってから、これをジャムにしてみました。

子供のころ、母が毎年作ってくれたのを思い出しつつ、丸のままつぶさずに作る「イチゴジャム」です。これをロールケーキの具にすると美味しいんですよ!!

  1. イチゴのヘタを取ってから、イチゴの重量に対して2/3くらいの重量の砂糖(またはグラニュー糖)をまぶして、しばらく置くと水分が沢山出てきます。
  2. 鍋を弱火にかけて、なべ底が焦げないよう注意しながら煮込んでいきます。アクは丁寧に取り除きます。
  3. レモン汁を絞って、色を安定させます。軽く一煮立ちさせたら出来上がりです。

07051206_1今日は、甘み控えめなイチゴシロップを取りたかったので、最初はあまり煮詰めずにシロップを漉しました。冷蔵庫に保存して、ジンに混ぜてカクテルっぽくしたり、夏場、カキ氷のシロップにも使えます。

0705120407051205残ったイチゴとシロップをもう一度煮詰めてイチゴジャムを仕上げました。甘みが強く出て、酸味が後味のさっぱり感になるような仕上がりになって良かったです。

07051207それから、今日の夕飯は、久能の農園で頂いてきたニラを使って、「豚ニラ卵炒め」でした。ニラが柔らかくて美味しかったです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

枝豆とトウモロコシは静岡盲学校で・・・

07051010705102自宅で種から育てていた枝豆とトウモロコシ。

こんなに大きくなってきました。

今週末に、プログレス農園に植えようと思っていましたが、静岡盲学校の校庭にある畑に植えたいという希望があったので、あげることにしました。

計算すると、トウモロコシが収穫できるのは夏休みに差し掛かるあたりです。

夏休みのプールがありますから、プールから上がった後、焼きトウモロコシでも食べてもらおうかな。

子供達が土と触れ合うことで、自然に親しむとともに自分自身が育てた野菜を味わう楽しさを知ってもらいたいです。

0705103そのほかの、苗(つるなしインゲン 、ししとう 、ニガうり 、水菜 、ピーマン)は、今週末、プログレス農園に植えるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

プログレス農園用 芽が出て来ました

「障害児訓練プログレス」が運営するプログレス農園に植える野菜の準備をしています。プログレスに通っている子供達に土や野菜に直にふれてもらい、自分達で収穫する野菜を美味しく食べて貰おうというのが目的です。

4月21日にタネ撒きして苗作りを始めましたが、ボチボチと芽が出始めました。今度の日曜日あたりには畑に移植出来そうなのは、枝豆・トウモロコシ・つるなしいんげん・水菜です。

P1010103_3

P1010102_1

P1010101_1

【種を購入して、苗作りを始めた野菜】

  1. 枝豆
  2. とうもろこし
  3. つるなしインゲン
  4. ししとう
  5. ニガうり
  6. 水菜
  7. ピーマン

P1010104_1P1010105_2P1010106_2P1010107_2

それから、もう一つ。

P1010100_41月くらいに、スーパーで買ってきたニンニクの残りを一かけずつ分けて土に埋めておいたら芽がでて来たのですが、この芽がしおれてしまったため土を掘り返してみました。そうしたら、一かけ(一片)だったニンニクが小さいながら丸くなっていました。これから大きく太って本物のニンニクになるんでしょうか?「プログレス農園」の片隅にでも埋め戻して様子をみるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »