« 春の息吹を感じる今日この頃 | トップページ | 障害児訓練法の講演会 »

2007年3月24日 (土)

漢方って難しい(~_~;)

漢方の生薬について基礎知識を勉強中です。

「配合用薬の禁忌」(はいごうようやくのきんき)という所で、???が出てきました。

「配合用薬の禁忌」とは、生薬を配合することで両種の薬物を共同使用することで抵抗作用が働き、人体に対して有害な作用を生む可能性があり、医療の実践の中でできるだけ避けなければならない組み合わせのことです。

現在の臨床で常用する配合禁忌には「十八反」と「十九畏」がありますが、ここで理解できない事柄が出てきました。

丁字畏鬱金(ちょうじいうこん)

丁字は胃粘膜を充血興奮する状態にするが、鬱金は胃部の神経を抑制状態にしてするので、両薬の間には拮抗作用が存在する。

ということは・・・???

丁字はスパイスのクローブのこと、鬱金はターメリックですよね。

クローブ独特の香りとシャープな辛味がカレーには欠かせないと思うんですけど、これは禁じ手???

生薬は産地や使用部位によって成分が異なることがあるようですが、どういう理解の仕方をしたら良いのでしょう。

漢方については未だ勉強し始めなので、基礎知識が乏しく、こういう事例が出てきたときに自分の中で解決することができません。

インドだけでなく中国でもカレー風味の料理は存在するわけですから、薬として利用するのでなければ摂取量が少ないということでよいのでしょうか?

もっともっと深く理解できるよう勉強しなければ!!と思いました。

|

« 春の息吹を感じる今日この頃 | トップページ | 障害児訓練法の講演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢方って難しい(~_~;):

« 春の息吹を感じる今日この頃 | トップページ | 障害児訓練法の講演会 »