« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

どっさり採れ過ぎ!ナンチャッテ農園

20066281週末なんちゃってファーマーのつもりが・・・。

土曜日に収穫したので、火曜日か水曜日には一度様子を見に行こうと思い、チョット立ち寄ってみました。

日曜日・月曜日には雨も降りましたし、火曜日・水曜日は天気が良く気温も上がっていたので『どうかなあ~。結構育っているのかなあ~。』なんてノンキにしてました。

ところがです。

  • キュウリは、メチャメチャ大きいのが16本。
  • ミニトマトは、色づきはじめのも含めて36個。
  • トマトは、3個。
  • ナスは、程よい大きさのが4本。
  • スジなしインゲンは、10本。

ハッキリ言って採れ過ぎです(~_~;)

ナンチャッテ農園のつもりが、かなり本格的なファーマーになっちゃった感じです。

本職の農家の方達から、『収穫が始まったら二日に一度は来ないと駄目だよ!』と言われたのがようやく理解できたような気がします。

ミニトマトなんかは、2mを超えてもまだまだ大きくなりそうです。もう、収拾がつかなくなってきてます。

枝豆も、トウモロコシも、たった3日間で相当大きくなってます。凄いです!!

採れ過ぎた野菜達は明日、仲間達に配るつもりです。(近所の家で、食べてくれる方がいたら貰ってください(^o^))

※ミニトマトはおやつ替わりに食べてますが、キュウリは炒め物にしてみようと思います。美味しかったらまたレポートします(^o^)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年6月27日 (火)

毎年楽しみな静岡のイチジク

6月17日(土)静岡新聞の夕刊に、静岡市駿河区小坂(おさか)で生産しているイチジクの記事が出ていました。イチジクは夏が旬の果物ですが、ここのはハウス栽培なので普通よりも早めに収穫、出荷されているんだそうです。

20066271毎年、この時期になるとハウスの横にある無人販売で、イチジクを購入するのが恒例になってました。

「今年は、日照不足のため二週間ほど収穫時期が遅いけど品質は良い」ということなので、無人販売店の前を通るたびにチェックしていました。

午前9時頃に通りがかった今日、ついに買うことが出来ました!!(夕方、再び通ったときには売り切れてました。ヤッパリ、午前中が勝負なんですね!)

20066273この、大きなイチジク、4個入りで300円と破格な安さです。しかも、丁度熟れごろで、上品な甘味と香りのジュースが口の中に広がります。

イチジクは、体にもとっても良い果物なんですよね。幸せな気分に浸っちゃいますね。コンポートや赤ワイン煮も美味しいけど、生食で食べるのが素材の味や風味そのまんまで良い感じです。グルメとダイエットを両立できる食材って感じです。

【イチジク(無花果)】

原産地はアラビア南部。紀元前3000年くらいから生産されていたそうです。1630年、長崎に渡来したのが日本初上陸だったようです。イチジクは、一熟と書かれますが、「一日に一個ずつ実が熟すから」とか「実がなってから一ヶ月で熟すから」とか諸説があるようです。普通は無花果と書きますが、イチジクの花は果実の中に無数に出来てるんですねよね。

また、イチジクは、不老長寿の果物といわれるほど実にも葉にも栄養が豊富に含まれています。

特に、ペクチン(食物繊維)が腸のぜん動活動を促し、1日に2~3個食べると便秘解消の効果が期待できるそうです。また、イチジクに含まれる酵素が消化を促すことから、二日酔いになりにくくなる(?)んだそうです。さらに、炎症を抑える働きもあることから咽頭腫痛(消炎止痛)効果も期待できるんだとか。

ちなみに精力増強効果もあるそうですよ。旧約聖書に出てくるイチジクは、果樹のなかでは最も歴史の古い食べ物として知られていますが、こんなところに意味深な登場の仕方をしていたんですね。知りませんでした(*_*)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年6月25日 (日)

週末ファーマーの本格的な収穫

2006262500週末なんちゃってファームで本格的な収穫が始まりました。今のところ、キュウリ・トマト・ナス・インゲン・大葉だけですが、どっさりと採れてます。

食べきれない量なので、実家や友達などに配り、食べてもらってます(^。^)

ちなみに今日は、『手打ちそば』&『自家製野菜のてんぷら』を作って食べました。ナスとインゲン、大葉のてんぷらは、それぞれの素材の味や香り・食感がしっかりしていて美味しかったです。そば打ちも、水加減やのばし、切り方が慣れてきたので美味しく出来ました。キュウリは“板ずり”してから塩もみ、ごま油、しょうゆで味付けしてトマトと合わせてアッサリ食べましたが、キュウリの甘味が程よくて食べすぎちゃいました(T_T)

まさにLOHAS的な食生活

なんて自家満足に浸ってしまってます。

☆★☆★☆ 今日のトピックス ☆★☆★☆

20062616aクロガネ(スイカ)が実をつけ始めました。(現在、直径1センチ未満です。)クロガネは、大玉のスイカで、実が黒いのが特徴ですが、小さいときは緑色で、縞模様があるんですね。産毛が沢山生えていて、小さく、可愛い実を撮影してみました。

☆★☆★☆ 今日のファームの様子 ☆★☆★☆

200662501

☆★☆★☆ 野菜達の写真(6/24 6:30頃) ☆★☆★☆

200662502

200662603200662604_2200662605200662606200662607200662608200662609200662610200662611200662612200662613200662614200662615200662616200662618200662619

☆★☆★☆ 今日の野菜達の様子 ☆★☆★☆

  1. キュウリ … 相当沢山出来てます。ツルは2メートル以上に伸びてます。でも、一部の葉が「うどん粉病」になってしまってます。 間引きしていますがチョット心配です。※木曜日に採ったキュウリと食べ比べましたが、味が段違いでした。3日経っただけなのに味が抜けて水っぽくなっちゃうんですね。
  2. トマト(大玉) … 少しずつ色づいてきてます。少し早めに収穫してから追熟して食べてます。思ったよりも皮が硬くなくて甘くジューシーなトマトです。でも、採れたて完熟は、もっとフルーツっぽい香りとさわやかな酸味があるんです。
  3. トマト(ミニ) … 沢山出来すぎって感じです。そのうちミニトマトのプリザービング(ピクルス)しようと思ってます。
  4. ナス … 結構、実がなっているんですけど大きくなる速度が遅いみたい。“二本立ち”を基本に間引きしたんですけど、間引き具合が甘いのかなあ。余計なところに栄養が行っちゃっているんでしょうかねえ?来週、プロのファーマーにアドバイスしてもらうつもりです。
  5. トウモロコシ … あっという間に背が高くなり『トウモロコシ!』って感じが出てきましたね~(^o^)。これからが楽しみです。
  6. 枝豆 … 一部虫が付き始めてしまいましたが、だいぶ実がつき始めましたよ!
  7. サトイモ … 濃い色の葉っぱがぎっしりですけど、チョット過密すぎ!?
  8. 葉生姜 … ようやくそれらしくなってきました。
  9. サツマイモ … 葉っぱの間からつるが伸びてきました。こういう変化があるなんて知りませんでした。
  10. 大葉 … アドバイス通り、成長点を止めたら横に広がってきました。どんどん収穫できます。香りが強くて天麩羅にしてもとっても美味しかったです。
  11. つるむらさき … どの程度大きくなるんでしょう?収穫時期は?
  12. オクラ … 茎はしっかりとしているんですけどイマイチ葉が出てきません。どうなるんでしょう?
  13. スナックエンドウ(スナップエンドウ) … 背が高く、可愛い花が付きましたよ。来週くらいから収穫できそうです。
  14. つるなしインゲン … キュウリとトマトの狭いところで少しずつ実をつけてます。シャキシャキした食感と青い香りが気持ちよく、天麩羅にしたら甘味も出て最高です。
  15. クロガネ(スイカ) … ぐんぐん大きくなってます。犬(?)に食いちぎられたときは悲しかった(T_T)けど、凄い生命力ですねえ。
  16. モロヘイヤ … チョットしょんぼりしてます。写真もとり忘れちゃいました(*_*)
  17. シシトウ … 小さいながら、くっきりハッキリした葉っぱが伸び始めました。
  18. ○○○○○インゲン … 名前、忘れちゃいました。先々週、豆を土に埋めておいたら、こんなに大きくなってました(^o^)凄い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

『北海道グルメ賞』の副賞をゲット(^O^)

6月19日(月)に発表された、「第1回静岡ぐるめブログコンテスト」の結果、

『北海道グルメ賞』

をいただき受賞の喜びを噛みしめながら余韻を楽しんでいた今日、副賞が届きました。

 ※“静岡ぐるめ探検隊”(主催:静岡新聞社 総合メディア局)が、2006年4月1日~5月26日に参加者募集とともに開催していたイベントです。(参加者は現在も募集中なので、可能な方は参加して是非盛り上げましょう!!)

北海道ぐるめ物産詰め合わせ

大きな箱が、クール便で届いたのでチョットビックリです。

早速、箱を開けてみると、中に・・・。

もうひとつ、箱が入ってました。(アレッ!?)

気を取り直して、中の箱を開けると・・・。

200606221オォ~ッ!!!

200606222200606223200606224200606225200606226

【 北海道ぐるめ物産詰め合わせの内容】

  1. お米 … ほしのゆめ (ホクレン
  2. 十勝ワイン … 洞寒:セイオロサム (池田町ブドウ・ブドウ酒研究所) 
  3. 北海道ラーメン … サッポロ生ラーメン“熱勝麺” (カネジン食品㈱
  4. 海の幸の煮凝り … マリングラッセ (佐藤水産㈱サーモンファクトリー
  5. ジャーキー … えぞ鹿肉のジャーキー ((有)住田商会)

こんなに沢山、美味しそうな物を頂いちゃって申し訳ないような感じです。

早速、『えぞ鹿のジャーキー』をつまみながら、この記事を書いてます。

鹿(ベニソン)は、脂肪分が少なくカロリーも低いので、ヘルシーな食材なんですよね。海外では一般的に食べられているそうですが、日本国内ではまだまだ馴染みが薄い食材ですね。

自分的には赤身の鹿肉(生肉)は、血の味が濃いけど思ったほど臭みも無く、割とあっさり食べらるのでローストなんかにするのが好きです。杜松(ネズ)の実なんかをまぶして香りを付けてから食べるもの美味しいです。今まで、カナダ産の物しか食べたことが無いので、国産のフレッシュ(凍結していないもの)も食べてみたいです。(北海道に行ったら食べられるんでしょうか?)

それから、今回の賞品の中に、アイヌ葱入りサラミ(写真一番上)がありました。アイヌ葱とは、本土でいう行者ニンニクのことだそうです。楽しみですね。

これでもか!!というくらい沢山あるので、順番に味わいながら食べていきたいです。

このブログを読んで下さっている皆さん、応援ありがとうございました。思わぬご褒美をいただけてHAPPYです!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

祝(^o^)丿ぐるめブログコンテスト入賞です!!

今日は、思いがけず嬉しいニュースが!!

静岡ブログ村で教えていただいた、「静岡ぐるめ探検隊」(←をクリックしてください。)の“ぐるめブログコンテスト”に入賞しちゃったんです。

しかも、副賞が凄いんですね。

北海道ぐるめ物産詰め合わせ

何が送られてくるのか、ワクワクしちゃいます。

当然、送ってくださった商品はブログにアップするのでお楽しみに!!

応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

これからも、ミョ~な所にこだわった記事をアップしますので、よろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

自宅の枇杷でプリザービング(ジャムもどき)

200606193自宅の庭に自生している枇杷が数年前から実をつけるようになりました。

200606194今年は天候不順で日照時間が短かったので育ちがあまり良くなかったのですが、それでも結構収穫できました。メジロも啄ばみに来ています。

200606192丁度食べごろのもののなかでも、少し若いものはほのかな酸味があり、完熟は甘味が結構強くなっています。いずれの果実もとても水分が多く、『こんなにジューシーだったっけ?』と思うほどでした。

200606191熟れ過ぎてしまったものは、実家の母が皮を剥き少量の砂糖でジャム風に煮込んでくれました。いわゆるプリザービングってヤツです。最近の言い方だとコンフィチュールって云うのかな?要するに果物を使用したジャムって訳です。そんなにグツグツと煮込まず、実のフレッシュ感と爽やかな酸味が上品で美味しく出来てました。

【プリザービングとは】

食の世界では常備食とか保存食とかを作る際に漬け込みという作業を行うことが多いのですが、ピクルスのようなものを作ることをプリザービングといいます。最近は、装飾の世界でプリザービングフラワー(ブーケなど)にもプリザーブという言葉は使われメジャーな言葉になってますね。

【コンフィチュールとは】

フランス語でジャムのことです。ジャムといっても最近は、様々な果物・野菜を使い、その素材の果肉感などを個性として上手く表現するという新しい分野が作られ、カリスマ・シェフたちの手によって進化しています。

【枇杷の栄養素】

  • β-カロチン・キサンチン … 抵抗力アップ
  • クエン酸・リンゴ酸 … 疲れを取る
  • アミグダリン(カロテンの一種) … 夏バテ回復に期待

薬膳的にも色んな効果が期待できるようですが、気になるキーワードを発見!

 『美肌効果を期待できる!!』

ちなみに、枇杷の葉も、ナカナカ優れものらしいですよ!

 『細胞活性 ・ 血管若返り ・ 肌潤い 』

ところで、この枇杷、自分たちで植えた覚えは無く、多分隣の家の子が10年くらい前(当時幼稚園児だったよううな気が・・・。)枇杷を食べては種を家の庭に捨てていたのが芽を出して木にまで育ったようだということでした。

知らない間に木になって、これだけ楽しめるんですから、感謝・感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

自家製野菜を使った手抜きメニュー

20060618週末ファーマーのナンチャッテ農園で採れた野菜を使って、今日の晩御飯は野菜カレーでした。

昨日収穫した、キュウリ・ナスを使ってのカレーと、大葉・ミニトマトを使ったサラダを作ったのですが、時間が無くてかなり手抜きになっちゃいました。

カレーは、玉ねぎをたっぷりと使ったカレーソースです。玉ねぎの甘味とトマトの酸味を唐辛子の辛味でまとめた物ですが、ストックしてあったやつを解凍しただけです。これに、オリーブオイルで炒めたニンニク・キュウリ・ナス・タケノコ・レンコン・鶏肉とレンジアップしたジャガイモを10分くらい軽く煮込んだだけです。キュウリやナスのポリポリ・コロコロとした食感が残るようにしたのがポイントかな?カレー風味のラタティーユって感じです。野菜の味がわからなくなってしまわないように、あまり強い辛味にしないように気をつけました。

サラダは、有り合わせのキャベツとかレタス・ベビーリーフをザックリあわせ、蒸し鶏と大葉・ミニトマトをトッピングしただけです。ヘルシーにポン酢をドレッシング代わりにしました。

ご飯は、白米と一緒に炊き上げる十穀米(??)です。お手軽ですねえ。ちなみにご飯と一緒に炊き上げたのは このような素材です。

  1. はと麦
  2. とうもろこし
  3. 黒ゴマ
  4. 黒豆
  5. 黒米
  6. 小豆
  7. アマランサス
  8. 緑豆
  9. ソバ
  10. クコの実

なんとなくヘルシーな感じです。少し硬めに炊くので、食べるときに良く噛むようになり甘味を感じるだけでなく、たくさん食べなくても満腹感があるのでダイエット希望の方にも良いのかも(?)

今回の野菜カレーにも思いのほか相性が良かったので、手抜きの割りにヘルシーでグルメなメニューになってラッキーでした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

つるなしインゲンで『ゴママヨ和え』

200606171

2006061702

『つるなしインゲン』が収穫できました。先輩ファーマーから苗を分けていただき、キュウリの間に植えておいたのですが、知らない間に花を咲かせ、実がなってました。写真右が自分のところで出来たヤツです。左側が先輩ファーマーから分けていただいたものです。同じように育て始めたのにこんなに大きさが違います。育て方と土の差なんでしょうね。

2006061701早速、いただきものの『つるなしインゲン(スジなし)』を軽く茹でてから醤油を振りかけ、あたり鉢で擂ったゴマをマヨネーズと混ぜ合わせて、これらを和えました。ゴマの風味と醤油味が、シャキシャキでみずみずしいインゲンの食感と濃い目の味と調和しとっても美味しかったです。マヨネーズは気持ち控えめにしてみました。

他、今日の収穫は、こんな感じでした。

  1. キュウリ … 3本
  2. ミニトマト … 10個
  3. ナス … 5本

まもなくトウモロコシが実になり始めます。他の畑のよりも背が低いのに、もう実が出てくるんですね。初めての経験なので毎回いろんなことを知ることができて楽しいです。

あと、今日、新たに二種類の野菜を植えました。

  1. モロヘイヤ
  2. シシトウ

植える時期がチョット遅いような気がしますが、どうなるかワクワクですね。

【本日の週末ファーマー風景】

いつのまにか17種類になっちゃいました。初心者にしてはチョット欲張りすぎかな??

①キュウリ2006061704(四葉:スーヨウ)

②トマト(大)2006061705

③トマト(ミニ)20060617062006061700_1…理想的な枝ぶりなんだそうです。ビギナーズラックですね。

④ナス2006061707

⑤トウモロコシ2006061708

⑥枝豆2006061709

⑦サトイモ2006061710

⑧葉生姜2006061711

⑨サツマイモ2006061712

⑩大葉2006061713

⑪ツルムラサキ2006061714

⑫オクラ2006061715

⑬スナックエンドウ2006061716

⑭つるなしエンドウ2006061717

⑮クロガネ(スイカ)2006061718

⑯モロヘイヤ2006061719

⑰シシトウ2006061720

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

夜に出没!怪しげでグルメなファーマーです

収穫が始まった『週末なんちゃって農園』。

週末だけでは水が足りないのと野菜たちが大きく育ちすぎてしまうので、一週間に2~3回程度、様子を見に行ってます。

今週は、土曜日と日曜日に行ったきりでしたので、夜、仕事帰りに寄ってみました。

P1010151_5農園に行ってみてビックリ!!日曜日には、まだまだ小さくて大丈夫と思っていたキュウリが30センチ以上に巨大化してしまってました。(でも、まだ中は種になってませんから大丈夫!)

ナスも程よい大きさになっているものが3本、ミニトマトも赤く色づいたものがあったのでついでに採って来ました。(野菜は、本来、朝10:00位までに採らないとアクが出やすいそうですが、仕方ないですね。)

この3日間で、とうもろこしや枝豆も大分大きくなってましたよ。畑自体が野菜たちの葉っぱでモサモサしてきました。

自然の力って凄いですねえ。ホントに驚きの連続です。

とりあえず食べてみたミニトマトの感想・・・。

皮は思ったほど硬くなく、甘い香りとトマトらしい青い匂いが混ざり合い酸味が薄く食べやすい味でした。みずみずしい感じはチョット足りないかも。(朝採りでなく、夜に収穫したからなのかもしれません。)先日のキュウリのように初めて採れるヤツから段々味や香りが変化してくるのかなあ?と今からワクワクしています。

「暗い夜の畑に出没する、誰がどうみても怪しげな人影ですが決して野菜ドロボーじゃございません。」なんて思いながら作業をした夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

早生のモモをゲットです。

200606111静岡市から焼津市に抜ける(旧道)R150沿いを車で通りがかったときのこと。

早くも、桃農家の直売が始まってました。(未だ一件だけでしたが。)

静岡市広野(ひろの)~用宗(もちむね)~石部(せきべ)は、海岸沿いに桃の栽培を行っている農家が多い地域です。(内陸側の近所に桃園町という町名があるけど、その辺も桃の生産が盛んなんでしょうか?)

日本一早い時期から桃が食べごろになることで有名なんですが、既に直売が始まったとはビックリ!!

早速、車を停めて購入しました。

贈答用にするには小さいものを販売しているんだと思いますけど、それでも四玉パックに入って300円ですからお買い得です。(っていうか安すぎです!)桃の良い香りが車中充満しました。

200606113初めて知りましたが、時期によって細かく品種が分かれているんですね。チラシによるとこんな感じのようです。

  1. 6月 5日~6月15日 早乙女(さおとめ)
  2. 6月15日~6月25日 日川白鳳(ひかわはくほう)
  3. 6月20日~6月30日 八幡白鳳(やわたはくほう)
  4. 6月27日~7月15日 白鳳(はくほう)

チョット回り道をすれば、このあたりを通りがかることが出来るので、品種による味の違いなんかを体験してみようと思いました。

今日食べた『早乙女』はというと。

200606112甘味・香り・ジューシーさは良かったのですが、未だ小さくて若いせいか少し(皮を食べてしまったときのような)渋みがあるものがありました。残りは数日置いてみて(追熟してから)食べようと思います。でも、これで300円は安いですよね。

これから段々と大きなものが販売されるようになりますし違う品種も食べられますから、また一つ楽しみが増えちゃいました!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

週末ファーマーで自分への食育Ⅱ

P1010207今日は、恒例の週末ファーマーです。天気が良かったり急に悪くなったりと不安定な一週間でしたが、収穫が始まっているので火曜日と木曜日に一応水やりだけはしました。

今のところ、キュウリが16本、ナスが2本という収穫量しかありませんが、これからが本番です。虫がつかないように気をつけつつ、適度な間引きをして育ちやすい環境つくりをしていく時期になりました。

060610_1440

060610_1439060610_143801060610_144000

060610_143700

060610_1437060610_144002060610_143800060610_1444_1060610_1441060610_144001060610_143900060610_143901

060610_144100

  1. キュウリ … 今週火曜日4本と今日3本収穫しました。写真にもありますが、長さ30センチ以上に育ちすぎてしまいました。でも、まっすぐ伸びて味もマアマアでした。(四葉:スーヨウについては、下に詳しく書き出して見ます。)
  2. トマト(大玉) … だいぶ大きな実が沢山ついてますが、ままだまだ色づきません。これから太陽を浴びて赤く色づくんでしょうね。赤くなるとカラスがつついてしまうそうなのでチョット心配です。
  3. トマト(ミニ) … 茎に近いほうから赤くなり始めているのが解りますか?もう一息です。
  4. ナス … 小さな実が沢山出来始めました。今、摘んでしまって漬物にしても良いのですが、もう少し辛抱して大きなのを収穫したいと思います。
  5. トウモロコシ … 追肥をしましたけど、もっと濃い色にならないとねえって感じ。
  6. 枝豆 … 可愛い花を咲かせ始めました。これからが勝負ですね。
  7. サトイモ … 濃い色の葉っぱがぎっしりです。これからツルが伸びてきます
  8. 葉生姜 … なかなか大きくなりません。なんか不安です。
  9. サツマイモ … どんどん葉っぱが大きくなりますね。間隔が狭すぎたのをチョット後悔してます。
  10. 大葉 … 家の庭先のプランターで育てているやつのほうが全然元気です。種類が違うのか土との相性なのか??
  11. つるむらさき … 葉っぱがしっかりとしてきました。
  12. オクラ … 先週しょんぼりしていたヤツがピンと上を向いて、大きく育ちそうです。
  13. スナックエンドウ(スナップエンドウ) … 可愛くツルを伸ばし始めました。
  14. つるなしインゲン … キュウリとトマトの間で大きくなりそうです。
  15. クロガネ(スイカ) … 火曜日に見に行ったとき、ツルを犬(?)に噛み切られていたので凄いショックでしたが、何とか復活の兆しを見せてます。

060610_1438

←枝豆の白い花です。(判別不能?携帯の限界ですね。)

 この小さな花がどのように育っていくのか楽しみです。

【キュウリ(四葉:スーヨウ)について】

キュウリの原産は、インド・ヒマラヤ山脈で、紀元前1000年頃~栽培されている野菜です。品種も多く、全世界で400種類以上ありますが、日本で流通されている殆ど(90%以上)が白イボ系です。白イボ系は、皮が薄くて歯切れがよく白いイボがさほどゴツゴツとしていないようです。ちなみに昔は、黒イボ系という実が硬いものが主流でしたが現在は九州や四国でしか栽培されていません。それと、昔、八百屋さんで買ったキュウリには白い粉のようなものがついていましたが、これはブルームと言って果面を保護する蝋物質です。今は品種改良によってブルームレスが流通の主流になっています。

今回、週末ファーマーしている四葉(スーヨウ)は、白イボ系の品種の一つで、表面にシワがあり、イボも大きいので、かなりごつごつとしています。元々は、中国の北部・中部で栽培されていた品種で、日本国内では静岡県内で主に作られています。歯切れが最も良い品種といわれていますが反面、日持ちが悪いのも特徴です。

キュウリはビタミンCが多く含まれる果菜類ですが、薬膳的には、こんな分析になります。

  • 食味・食性  甘/涼
  • 帰経     胃・小腸
  • 主要効能  生=清熱利水 湿潤散煩 、 煮=解毒、利尿
  • 可能治療  身熱煩渇 咽頭腫 口渇 煩胸悶

簡単に言うと、『夏の野菜なので体を冷やして喉を潤して利尿作用がありますよ』って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

『初夏のルビー』を食べまくり!

『赤い宝石』とか『初夏のルビー』といわれる果物といえば?

P1010159_5そう、さくらんぼです。

P1010150_5さくらんぼの季節がやってきました。

今日は、山梨県までドライブがてら『さくらんぼ狩り』をしてきました。

かなり行き当たりばったりだったので目的地がなかったのですが、「多分この辺だろう!!」なんて適当に車を走らせていたら案の定看板を発見。

P1010152_3多少不安になりながらも山道を奥へと入って行った所に・・・。ありました!!

『塚原山フルーツ狩り農場』です。山から見下ろすことができる農園なのでとても見晴らしが良くて気持ちが良いです。

P1010151_3P1010160_2P1010153_4ハウスの中にも外にもさくらんぼの木が植えられていて、沢山実をつけています。たわわに実ったさくらんぼのなかでも美味しそうなやつを選んで、たっぷりと頬張りました。今年は、日照時間が短く、色づきが余りよくないそうですが、糖度はバッチリで上品な甘さでとってもジューシーでした。

制限時間40分間食べまくって、大満足でした。

P1010161_4P1010154_3さくらんぼ以外の季節には、スモモ(7月?)、ブドウ、ナシなどが採れるようです。

来月は、スモモ食べまくりかなあ??

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ついにナスが収穫できました!

P1010160_1恒例の週末ナンチャッテファーマーです。

今週は天気が良い日が続きましたから、ウィークデーも出来るだけ農園に行き、水をやってました。

やっぱり、おてんとうさまの力は凄いですね。一週間でみんな大きく育ってくれました。

  1. P1010172P1010170_2P1010171_1P1010168P1010162_2P1010164_1P1010161_3P1010165_2P1010163_1P1010173_1P1010166_1P1010167_1

  1. キュウリ … 今週水曜日3本と今日3本収穫しました。一番最初に収穫したものはコロコロとした食感で瓜の香りがつよかったのですが、今週の収穫物あたりから急にみずみずしくなりました。
  2. トマト(大玉) … まだまだ色づきません。今の段階ではもっと水をやって大きく育てたほうが良いそうです。
  3. トマト(ミニ) … これもマダマダです。これから色づくそうですが、皮が硬くなっちゃいそうです。
  4. ナス … ついに、実がなりました。とりあえず二本だけですけど・・・。
  5. トウモロコシ … チョット肥料が足りないみたい。もっと濃い色になるはずなんですが・・・。追肥をしました。
  6. 枝豆 … 最初に芽を出したヤツはモヤシ状になってしまい、大きくなれそうにありませんが、後口の分が元気に育ってます。
  7. サトイモ … 元気一杯です。チョット苗の間隔が狭いけど。秋まで頑張って欲しいですね。
  8. 葉生姜 … ようやくそれらしくなって来ました。大丈夫なんでしょうかねえ。
  9. サツマイモ … しっかりと根付いてます。これから横に広がってくるようです。
  10. 大葉 … 若芽を摘み始めました。成長点を摘むと横に広げることが出来るそうです。高さを出しすぎないほうが良いようです。
  11. つるむらさき … 今回、隅っこに苗を植えました。大きくなれたら良いんですが。
  12. オクラ … 今回、苗を植えましたが、最初はしょんぼりしてます。でも、直ぐに根付くそうです。
  13. その他に、つるなしエンドウ、スナックエンドウ、クロガネ(スイカ)がありますが、それぞれそれなりに大きくなってます。

今回は、予定通り農薬散布を行いました。あまりやりたくないことですが、素人がやる最低限の量です。人間でいう風邪の予防接種のようなつもりでやりました。病気や虫がついてしまってからでは遅いですからね。(とりあえず、収穫できるものは小さめでも収穫してからやりました。)

P1010168_1

P1010175_1それから、今日のポイント。ナス、キュウリ、トマトなど大きく育ったものは下のほうの古くて色が変わってしまったような葉は間引くということです。これによって、病気を防ぎ育ちを良く出来るんだそうです。ナスのビフォー⇒アフターを見ると一目瞭然です。

腋芽の摘み取り方、下のほうの茎の間引き、追肥など、タイミングと加減、分量などを教えていただいているので間違いなく育てられて、なんか本物ののファーマーみたいです。

どんどん色んなものが出来てきて楽しいですヨ!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »