« 自然派レストランのバイキング | トップページ | 焼津ラーメンを食べたのだ!! »

2006年2月26日 (日)

地元のお地蔵さんのこと

ようやく手に入れました。静岡リビング新聞社発刊の『しずおか百地蔵』です。

やんやんさんのブログで知りました。

家のすぐそばにあるお地蔵さんのことが掲載されているとあり、ずっと気になってました。

昔からのお地蔵さんであることは知ってましたが、由来や十二双川との関係なんて全く知りませんでした。

十二双川は、駿府城築城の際に石材などを運ぶのに利用した川だったことは知ってましたが、今は水量も少ないので『昔とは随分変わってしまっているのだろうなあ』と思い込んでましたが、そうではなく、昔から水量自体少なく、一旦川をせき止めて水かさが増してから利用されたなんて意外でした。

自分が住んでいる町内のことすら知らないなんてチョット恥ずかしいいです。知りようにも調べ方もよくわからないんですけど。

村社会が崩壊して、地元のコミュニティが薄れている結果なんでしょうね。

何とかせにゃあならんね。と思った今日の出来事でした。

|

« 自然派レストランのバイキング | トップページ | 焼津ラーメンを食べたのだ!! »

コメント

ご購入ありがとうございます。
静岡の戸田書店には、人間サイズのビッグなお地蔵様が登場して、売り場を盛り上げているとか・・(^_^;)

やっぱり、生き字引のような人っていらっしゃるので、そういう人を捜し当てて、直接お話を聞くのがオモシロイですねえ。

そういう方の中で、自分の記憶を残そうって
文字や写真で書き残せる人って少ないから、やっぱり書ける人がその作業をやらないといけないんですよね。3.4年前にお話を聞けた人で、今回、本を渡そうと思ったら、既になくなっていた方多いんですよ・・。

お地蔵さんもそうだけど、十二双川は、さらに調べたり、今の環境を守ったり・・やり甲斐のある(?)川という気がします。

投稿: やんやん | 2006年2月28日 (火) 09時24分

戸田書店のコーナーは凄いですね。
折角、大きく展開しているのだからもっとアピールすればよいのにと思うのは私だけでしょうか?
十二双川は、常に綺麗な水が流れているし、大雨がふっても絶対溢れるようなことはないし、江戸時代の治水工事が如何に精巧だったかという技術力を感じています。
自宅の目の前を流れる小川一つとっても奥が深そうです。今年も、夏になったら蛍がでてくるのかなあ。

投稿: クルクルしんちゃん | 2006年3月 1日 (水) 01時19分

しんちゃ~ん。オフ会をの日が決まりました。3月20日(月)です。平日だけど、翌日が休みだからってことで。
詳しい場所、時間は追って連絡します。
出られそうですか??楽しみにしてます。

投稿: やんやん | 2006年3月 2日 (木) 22時08分

やんやんさん。
オフ会のお誘い、有難うございます。
出欠の件、早めにお返事しますね。
楽しみだなあ!!

投稿: クルクルしんちゃん | 2006年3月 5日 (日) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133093/8853225

この記事へのトラックバック一覧です: 地元のお地蔵さんのこと:

« 自然派レストランのバイキング | トップページ | 焼津ラーメンを食べたのだ!! »