« ベジタブル&フルーツマイスター協会の講習会 | トップページ | ベジタブル&フルーツマイスター協会の集中講座三日目 »

2006年1月21日 (土)

食べ物と色の関係

ベジタブル&フルーツマイスター協会のジュニアマイスター資格取得講座二日目が終了しました。

ベジタブルサイエンス(いわゆる栄養学)は、なかなか難しいです。覚えることが沢山で・・・。

今日は、その後もセミナーがあり、とっても忙しかったです。(体も頭もです。)

何のセミナーに参加したかというと。

カラーコーディネーターの資格取得でお世話になっている、エコール・ドゥ・クラージュが主催する、カラークラブです。

毎回、様々な専門家を招聘して興味深い話が盛りだくさんのセミナーですが、今回の演目は『食と色』でした。

㈱日本カラーデザイン研究所から講師の先生がお見えになり、テーブルコーディネートにかんする配色理論を実例を挙げながら丁寧に解説してくれました。

自分自身、カラーコーディネーターの勉強をしているのは、まさにこの辺のことをロジカルに理解し適切なプレゼンテーションをしたいと考えてのことでしたので、とてもためになりました。

『配色理論と栄養学、そして中医学である薬膳をミックスし、生産者直結の旬素材を調理して日々の食生活に活かす』ということが少しずつ線で結ばれ始めました。

『見た目にも美味しく、味も良く、栄養のバランスもよく、季節感を味わうことが、グルメとダイエットを両立するということ』

ってことかなあなんて夢をふくらませてます。

結構、ロハス的な観点も入ってくるのかもしれませんね。

|

« ベジタブル&フルーツマイスター協会の講習会 | トップページ | ベジタブル&フルーツマイスター協会の集中講座三日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133093/8269609

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物と色の関係:

« ベジタブル&フルーツマイスター協会の講習会 | トップページ | ベジタブル&フルーツマイスター協会の集中講座三日目 »