« 戸塚で人気の中華料理店を発見 | トップページ | 地産地消のデドックスな旬の根菜カレー »

2005年12月22日 (木)

ルシャンドピエールのバトネフロマージュ

05-12-21_17-34051221_173500四谷駅ビルアトレがクリスマスのイルミネーションでデコレーションされています。

05-12-22_00-1805-12-22_00-22この中にある、『ル シャン ド ピエール』に立ち寄り、念願の「バトネ フロマージュ」を購入しました。

これも、「東京手みやげスイーツ」(小学館)に掲載されている一品です。

しかし、最近の駅ビルはオシャレですねえ。四谷駅自体は良く利用しますがアトレの中に入ったのは初めてでした。ビックリしました。割と小さなビルですが、吹き抜けになっていて飲食店を中心にした清潔感のある店内。ゴディバのショップまであるんです。「へえ~っ!!」と思わずつぶやいてしまいました。

『ル シャン ド ピエール』は二階にあります。ショップの奥にわりと広めのスペースがあり、カフェになっています。知らずに写真を撮っていたのですが丁度アトレのネオンがある辺りがカフェの部分です。落ち着きのあるゆったりとした空間で、皆さんお茶してました。

051222_001700肝心のバトネフロマージュはというと、名前の通りフロマージュがバトネ(日本料理の用語でいうと拍子切りの大きいやつってかんじかな?棒状という意味です。)にカットしてあって、キャラメルのように一本ずつ綺麗に包装してあります。

一本あたり300円なので、3本入りで900円でした。

このベイクドタイプのチーズケーキは、割と重くしっかりとした土台に「グラハムクラッカー」というのを使用しているらしくクルミなどが入っています。まずは、この土台の味が前面に出ているのが大きな特徴です。

きめ細かな生地は、使用しているクリームチーズの味が後から追っかけてきて濃厚な味と香りで土台の味と調和する感じです。

見た目が可愛らしくコンパクトですが、一本で充分満足できる、しっかりとした味の一品でした。

|

« 戸塚で人気の中華料理店を発見 | トップページ | 地産地消のデドックスな旬の根菜カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133093/7771711

この記事へのトラックバック一覧です: ルシャンドピエールのバトネフロマージュ:

« 戸塚で人気の中華料理店を発見 | トップページ | 地産地消のデドックスな旬の根菜カレー »